読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書偏食家

本をジャケ買いするみたいにして選びたい

『ロマンシエ』 原田マハ

 

ロマンシエ

ロマンシエ

 

 昨年12月に東京駅のステーションギャラリーで本作と連動した展覧会が開かれていたそうな…!過去と現在(未来)、フィクションとリアルの境目を繫ぎとめて無にしてしまうパワー、技術、なんかとっても原田マハさんっぽい。

 

 小説はというと。

これでもか!っていうくらい盛大なノリとテンションで畳み掛けてくるので、疲れました。最初はいちいち笑いながら読んでいましたが、途中から、まさかこのまま行く気ですか…ってうんざりした気分になり。

そのくせ、クライマックスの失速感とテンション低下(良く言えば「落ち着き」)は尻すぼみ感というザラザラを残し…。

 

とは言え、総じて良かったな〜と思わせるのは、

やっぱりマハさんの芸術への愛情と知識が、しっかりしたストーリーの土台を作っていたから、だと思います。

 

マハさんの作品にある、前を向かせる力強さは健在、

リアルへの挑戦という面白さもあり、

やはり今回もマハさん好きだな〜と思わずにはいられませんでした。