読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書偏食家

本をジャケ買いするみたいにして選びたい

『星やどりの声』 朝井リョウ

 

星やどりの声 (角川文庫)

星やどりの声 (角川文庫)

 

 朝井リョウさん初めて読みました。もっと早くに読むべきだった〜(*´ω`*)

 

父亡き後、6人兄弟と母の家庭に起きるひとつの事件というか…ターニングポイントの話し。

兄弟それぞれの視点で章立てられてストーリーが進んでいきます。兄弟ひとりひとりの個性できちんと書き分けられていて、でも両親への思いという…連綿と続くというか一本通っているというか…ものがあって、

ものすごく微笑ましくて、愛おしい。

 

ひとつの区切りというものは、寂しいこともあるけど、未来への希望でもあるんだなーと思わせてくれる作品でした。

 

それにしても、最後で一気に謎解きモードになるのには、当初の「温かい家族の物語」という期待にワクワク感がプラスされて、いい意味で裏切られました。

あ、あれ伏線だったの?!ってミステリーでもないのに思わされて、嬉しい悔しさ。

星の神秘性も加わって、なんて言うんだろう…温度感のある?立体感のある?そんな小説でした٩( 'ω' )و