読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書偏食家

本をジャケ買いするみたいにして選びたい

『同級生』 東野圭吾

同級生 (講談社文庫)

同級生 (講談社文庫)


東野圭吾さん、まだ読みたりないなーと思い、『放課後』に続き学校が舞台のものを。
『放課後』は教師の視点だったのに対して、こちらは生徒が主人公、しかも事件の当事者。

事件にまつわる人の感情というものはさまざまで、計り知れないものがあると思いますが
どうにもこの主人公は終始傍観者的だったかなあという気がします。しかも冒頭にある妹の話は、主人公はシスコンらしい…という先入観になりかねない伏線となり。
起こる事象は、高校生・恋愛・生徒指導・部活…なんていうワードで読者の気持ちがぐわりぐわりと持って行かれるに対して、主人公は冷静。しかもシスコン。

なんだかなーちぐはぐするなーというかんじでした。

でも、総じて思い返すと面白かったかな!