読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書偏食家

本をジャケ買いするみたいにして選びたい

『ガラスの麒麟』 加納朋子

ガラスの麒麟 (講談社文庫)

ガラスの麒麟 (講談社文庫)


うーん。。
少し、腑抜け感のある小説でした。

通り魔殺人で亡くなった少女を巡るミステリーで、
多感な少女たちの心をそれは繊細に描かれているのはいい、面白い。
少し出来過ぎ…つまり、少女期の心がここまで詩的で刹那的なものだというのは、大人の幻想だよー   とは思うけれど、的を得ている感覚もある、うまい。
だけど、
それがミステリーの、この作品のスパイスになっているのかというと、そうでもないかな、というのが素直な感想。

面白くなるぞという期待感にスパイスが効いただけで、すっぽかされた。
「犯人」については散々に温め過ぎて、まるで濁った鏡のようによく分からない。

賞を受賞した作品みたいですが、あまり、私は、納得できないなー。