読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書偏食家

本をジャケ買いするみたいにして選びたい

『ななつのこ』 加納朋子

ななつのこ (創元推理文庫)

ななつのこ (創元推理文庫)


ほのぼのしたミステリーでした。文のタッチも爽やか、やはりこの方のバランス感覚好きです。
7章からなる物語で、作中に出てくる同名「ななつのこ」という本と著者が、現実の謎にヒントを与えたりリンクしたりという、ファンタジックでリアリスティックな話。
読み終わってから、現実だってこのフィフティフィフティの中にあるよねと思いました。そして、そんな現実が愛おしく思いました。